節約につながるBlog

このブログは節約につながる情報を書いていきたいと思います。

          スポンサーリンク

【評判】「会計ソフトfreee」無料から試せる使いやすさ8つのおすすめを紹介します。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

       

 

会計freeeは簿記や経理の知識がない初心者の方にもわかりやすくてすぐに使えるように出来ているので確定申告が誰でもカンタンにできます。

freeeの会計ソフトには必要な機能はすべてあります。今回は会計ソフトfreeeの8つのおすすめポイントと使った人の口コミを紹介したいと思います。

  

 

 

 

       

 

 

はじめての会計ソフトでも安心

 

 

会計freeeはガイドつきの入力画面になっています。

わかりやすい入力画面なので、初めてでも迷わずご利用できます。

勘定科目も選択するだけになっているので入力しやすいですね。

あとは複式簿記の帳簿に自動で変換するだけです。

 

白色申告・青色申告の両方に対応できる会計ソフトになっています。

 

 

 

口座とのデータ連携

 

口座とのデータを連携で 作業がグッと少なくなります。

銀行口座やクレジットカードとデータを連携をすれば、明細が会計freeeに自動で取り込まれます。

面倒な入力作業が最小限になりますよ。

連携銀行数は3,200以上もあります。

金融機関に認められたセキュリティなんです。

 

 

 

スマホから経理作業が出来る

 

スマホなら経理作業がいつでも、どこでも出来ます。

会計freeeはスマホアプリもご用意してあります。

レシートを写真で撮れば、金額や日付を自動で読み取りも出来ます。

スキマ時間を味方にすれば、入力もたまりません。

 

 

確定申告書の作成も簡単

 

確定申告書の作成は、 質問に答えていくだけで完了ですよ。

不動産所得や、株・FXなど様々な所得の申告に対応しています。

各種申告書がカンタンに作成できます。

クラウドなので、最新税制に自動でアップデート。

追加料金はかかりません。

 

 

会計ソフトfreeeには個人事業主用と法人向けの会計ソフトがあります。

下記の記事ではそれぞれの特徴や料金プランなどが詳しくわかるようになっています。

 

tyoubo.yuru3324.com

 

 

 

提出までサポートしてくれる

 

書類の作成だけでなく 提出までサポートしています。

会計freeeは全ての提出方法に対応しています。

電子申告を使えば、自宅からも提出可能です。

2020年からは、電子申告を選択すると控除が上乗せになっていてオトクに申告できます。

 

 

見積書・請求書の発行も簡単

 

見積書・請求書の発行がいつでもどこでも出来るんです。

取引先への書類の作成が、PCでもスマホでも出来ます。

内容の修正や、見積書から請求書への変換もボタン1つです。

メール送信にも、郵送(150円/通)にも対応しています。

 

  

入金があった売上も自動

 

入金があった売上を、自動で消し込みます。

口座へ入金があった時は、発行済みの請求書と自動でマッチング出来ます。

売掛金の消し込みもラクにします。

 

 

入金・支払い会計freeeも確認できる

 

入金や支払い予定をレポート化します。

いつでもカンタンに入金・支払い予定を確認できるので、入金漏れや支払い漏れで焦ることはもうありません。

 

 

 

 

会計ソフトfreeeの口コミ

 

f:id:aki656:20210103154522p:plain

f:id:aki656:20210103155720p:plain

f:id:aki656:20210103155736p:plain

f:id:aki656:20210103155754p:plain

 

f:id:aki656:20210103155812p:plain

 

f:id:aki656:20210103155825p:plain

 

 

会計ソフト freee無料でお試し

 

 

最後に・・

 

確定申告をするには書類の帳簿付けが必要になってきます。

会計ソフトfreeeを使うと時間も短縮できてとても便利です。

30日間無料で試せるのでまずは無料から試してみてはどうですか?

 

会計ソフト freee無料でお試し

  

 

下記の記事では会計ソフトfreeeのそれぞれのプランの特徴や利用料など詳しく説明しています。

tyoubo.yuru3324.com

 

 

今回は【評判】「会計ソフトfreee」無料から試せる使いやすさ8つのおすすめを紹介します。についてでした。

 

 

 

 

  最後まで見ていただきありがとうございます。

          スポンサーリンク