節約につながるBlog

このブログは節約につながる情報を書いていきたいと思います。

          スポンサーリンク

個人事業主が確定申告をする際に必要な書類の仕分け方のまとめ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

 

f:id:aki656:20210331145735p:plain



 

確定申告には必要な書類の準備をする必要があります。

今回は個人事業主が確定申告をする際に必要な書類や経費に出来るもの出来ないものの仕分け方を詳しく説明したいと思います。

 

 

 

取引の記録がわかる書類の準備

 

確定申告をするには1年間の取引の記録がわかる書類の準備が必要です。

 

請求書、レシートや領収書、預金通帳や仕事用のクレジットカードなどの明細書です。

 

書類が準備出来たら売上や経費の漏れがないかチェックしておきましょう。

 

申告書等の書類の保存期間

・帳簿については7年年間は保管しておく必要があります。

 

・請求書等については5年は保管しておく必要があります。

 

 

個人事業主さんが確定申告に必要書類である売上や経費の書類 

 

 

個人事業主フリーランスとして働いている場合、1年間の収入や経費を自分で計算し、所得税の確定申告をする必要があります。

下記の記事では個人事業主が確定申告で必要になってくる書類、売上の書類や経費の書類に気をつけることや領収書がない時の対処法など私の経験談と主に紹介しています。

 

 

tyoubo.yuru3324.com

 

 

 

確定申告に必要な勘定科目に当てはめる経費の仕分け方

 

確定申告に必要な経費項目一覧(勘定科目一覧)ですが、経費を科目別に仕分けをする時に勘定科目の何に当てはまるのかわからなくて、迷ってしまいます。

 

下記の記事では青色申告決算書に沿ってどんな経費がどの項目にあれはまるのかやっているので勘定科目の何に当てはまるのか迷った時の参考にしてもらえると有り難いです。

 

 

tyoubo.yuru3324.com

 

 

 

個人事業主の経費にできるものとできないものの違いについて

 

 自宅と兼用の事務所やお店の場合などは経費とプライベートの出費はきちんと区別しなくてはいけません。

しかし、個人事業主の経費で注意すべき点は、経費に認められるものと経費にならないもの出費の違いがわかりにくいので迷いがちです。

 

下記の記事では確定申告をする際に経費としてできるものとできないもの、自宅と兼用の事務所にしている場合や自宅を事務所にしてる場合、どのようにして事業とプライベートの経費を分けるのか?

水道光熱費などの 自宅と事業の分け方や自宅と事業に分け方の注意などや食事代の経費はどうするのか?

給料などの経費について、また経費ではなく固定資産になるものなども紹介しています。 

 税金についても経費に出来る税金と経費にできない税金についても説明しています。

 

 

tyoubo.yuru3324.com

 

 

最後に・・

 

 個人事業主さんが確定申告をする時に必要書類にある売上や経費の書類、確定申告に必要な勘定科目に当てはめる経費の仕分け方や個人事業主の経費にできるものとできないものの違いについてついて説明しました。

 

今回は個人事業主が確定申告をする際に必要な書類の仕分け方のまとめ についてでした。

 

最後まで見ていただきありがとうございました。

          スポンサーリンク