節約につながるBlog

このブログは節約につながる情報を書いていきたいと思います。

          スポンサーリンク

国税庁の「e-Taxソフト」と「確定申告書等作成コーナー」の作成できるシステムの違い

スポンサーリンク

スポンサーリンク

           f:id:aki656:20201016153801p:plain

 

 

国税庁が運営しているe-Taxのシステムには4種類用意されています。 e-Taxソフト(ダウンロード版)、e-Taxソフト(WEB版)、e-Taxソフト(SP版)、 確定申告書等作成コーナーあります。今回e-Taxソフトと確定申告書等作成コーナーの機能の違いについて紹介します。

 

 

 

  e-Taxソフトと「確定申告書等作成コーナー」で出来る機能

 

           利用できる機能

 

 

        e-Taxソフト  「確定申告書等作成コーナー」   

・申告データ作成

・申告データ取込

・申告データ送信

・電子納税手続き

・申請や届出

・通知の確認

 

  ◯         ◯      

  ◯         ☓        

  ◯         ◯

  ◯         ◯

  ◯         ☓

  ◯         ☓

 

 

 e-Taxソフトと国税庁ホームページにある「確定申告書等作成コーナー」のどちらのシステムを利用しても、確定申告書の申告等データを作成することができます。

 

「確定申告書等作成コーナー」の場合は、画面の案内に従って金額等を入力することにより確定申告書等が作成できるシステムです。

なのですごく分かりやすく作成できるようになっています。

 

tyoubo.yuru3324.com

 

e-Taxソフトは作成した申告等データをインターネットを通じて送信することにより申告や申請ができるシステムです。

 

tyoubo.yuru3324.com

 

 所得税の申告データは、ウェブ上の「確定申告書等作成コーナー」でも作成・送信が可能です。

 

 では「e-Taxソフト」と「確定申告書等作成コーナー」の違いを見ていきます。

  

申告データーの取り込み

「確定申告書等作成コーナー」の場合

「確定申告書等作成コーナー」では、外部から申告データを取り込むことができません。

 

e-Taxソフトの場合

e-Taxソフトでは外部からの申告データーを読む込むことが出来ます。

    

 電子証明書

 

「確定申告書等作成コーナー」の場合

公的個人認証サービスに基づく電子証明書」又は「税理士証明書発行サービスに係る認証局が作成する電子証明書」を使用する場合は、受付システムへ直接送信することができます。

しかし「公的個人認証サービスに基づく電子証明書」及び「税理士証明書発行サービスに係る認証局が作成する電子証明書」以外の電子証明書を使用する場合には、

「確定申告書等作成コーナー」で作成した申告等データをe-Taxソフトに組み込んで送信しなくてはいけません。

 

e-Taxソフトの場合

 

「確定申告書等作成コーナー」で作成した申告等データをe-Taxソフトに組み込んで送信することもできます。

 

  

 

 贈与税申告書

 

「確定申告書等作成コーナー」の場合

 国税庁ホームページにある「確定申告書等作成コーナー」を利用して、贈与税申告書の(1表、1表の2、1表の3、2表及び3表)、申告等データを作成することができます。

 

e-Taxソフトの場合 

 贈与税申告(暦年課税及び相続時精算課税)データの作成機能は、e-Taxソフトでは作成できません。

  

 

最後に・・

「確定申告書等作成コーナー」は事前準備や操作が比較的カンタンなので、個人事業主の電子申告には、「確定申告書等作成コーナー」の利用するのがいいと思います。

 

 e-Taxソフトはそのまま作成から送信まで出来ますが、事前準備がちょっと複雑なので、 あまりおすすめ出来ません。

 

 

tyoubo.yuru3324.com

 

 

 

市販の確定申告ソフトもe-Taxに対応しており、ソフトで申告書を作成しe-Taxで提出すればさらにスムーズでしょう。

 

下記の記事は e-Taxに対応して連携できる会計ソフトです。

tyoubo.yuru3324.com

tyoubo.yuru3324.com

tyoubo.yuru3324.com

 市販のソフトはいろんな種類あるので、使用内容に合ったものを利用するといいですね。

 

 

今回は国税庁の「e-Taxソフト」と「確定申告書等作成コーナー」の作成できるシステムの違いについてでした。

 

最後まで見ていただきありがとうございます。

          スポンサーリンク